主婦でもキャッシング会社で借入できるの?

主婦キャッシングでお金を借りたい、そんな主婦の声も多く聞かれます。
家計のやりくりや子どもにかかるお金など日々の出費は途切れることがなく、主婦でもお金が必要な場面は多々あります。
そんな主婦の皆さんにキャッシングの条件やポイントについてご説明します。
主婦でもキャッシングは可能ですが、実は仕事をしているかどうかで条件や借り入れ先が変わってきます。

仕事をしている主婦の場合フルタイムでもパートでも、自身に収入がある主婦は消費者金融でも銀行カードローンでも申し込みが可能です。

専業主婦の場合利用できるのは銀行カードローンのみとなります。

両者の違いは総量規制が影響しています。
総量規制というのは借入総額を年収の1/3までに制限する法律で、消費者金融はこの法律の対象となる貸金業者に属します。
当然年収ゼロである専業主婦は利用することができません。

一部の消費者金融では例外として配偶者貸付という制度がありますが、申込手続きの手間や書類の多さが理由で実際に利用するケースはほとんど見られません。

その点銀行は総量規制対象外なので、一部の銀行カードローンでは配偶者に安定収入があることを前提条件に、専業主婦への貸付を行っています。

今やキャッシングもスピード審査の時代です。消費者金融でも銀行カードローンでも、早ければ申込みをしてから30分ほどで審査回答が出ます。
最短で即日融資OKのカードローンも多く、急ぎでお金がほしいときにも大変便利です。

家計を預かる主婦としては、できるだけ周囲に知られずにやりくりしたいのではないでしょうか。
そんな主婦の意見として圧倒的に多いのが、旦那や家族に内緒で借りたいというものです。

カードローン審査では審査対象となるのはあくまで申込者本人です。
主婦が申し込んでも夫の個人情報が照会されたり夫の勤務先へ連絡が入る心配はありません。

また主婦の借入れでは限度額がさほど大きくなることはまれですので、夫の収入証明書や同意書も不要です。
本人確認の電話は携帯電話を指定しておくこともできますし、もし自宅にかかってきてもキャッシング会社とは分からないような配慮をしてくれます。
あとは契約後のカード受取を自動契約機に出向いたり利用明細はWEB明細を利用するなど、自宅への郵送物をなくす手配をしておけば、さらに安心して利用することができます。

専業主婦のカードローン限度額はキャッシング会社によって異なります。
いくら借りることができるのか予め確認しておきましょう。