主婦のキャッシング利用限度額はいくらぐらいか

主婦がカードローンでキャッシングを利用する際にはどのくらいまで利用できるのか気になるところですが、働いているかどうかによって大きく異なってきます。まず、職を持っている兼業主婦の場合ですが、これは収入に関わってきます。消費者金融などを利用する場合は、総量規制というものが導入されており、年収の3分の1までしか利用することができません。一方銀行の場合ですが、これは総量規制の対象とはならないのですが、ではいくらでも融資してくれるかというと、そんなことはありません。概ね年収の3割から4割程度とされています。これは各行の内規や日頃の取引等によって異なってきます。なお、働いている形態は正社員はもちろん、派遣やパートでもOKです。問題は職を持たない専業主婦の場合です。これは基本的には借り入れは厳しいと理解しておくべきです。まず、消費者金融ですが、先に述べた通り総量規制というものが導入されています。その結果、収入がゼロということは利用限度額もゼロになるということです。一つ例外として、配偶者の年収と合算して3分の1まで利用することができるというものがあるのですが、これは配偶者の所得証明書、同意書、婚姻関係を示す書類の提出が必要となるため、わざわざ主婦本人に貸さずに、配偶者に貸せばよいだけのことから、申し込んでもほぼ断られます。主婦では銀行は総量規制の導入がないのでOKかというと、理論上はそうなのですが、実際は厳しいです。特に窓口で申し込んではほぼ断られてしまいます。やはり年収ゼロというのがネックになります。借入の際には返済原資が必要となるのですが、それがゼロということでは断られるのも致し方ないことです。しかし、専業主婦でもOKのところも探せばあります。有名なものとしてはイオン銀行です。本人確認のできる書類さえあれば申し込むことができ、インターネット経由で申し込み、審査に通れば即日利用も可能です。上限は50万円ですが、利用には十分な額であるといえます。

Comments have been closed/disabled for this content.